2015年07月07日

クールチャイナ

前回の更新から半年も経ってしまいました。

ネタは結構たまっているんですが、あっという間に旬が過ぎてしまい書きそびれてしまいます。

でもご安心ください、私のお腹には半年分の美味いものが溜まっていますので徐々に吐き出していこうではありませんか。



ゴールデンウィークが終わり暑い季節になってくるとどうしても食べたくなるものがあります。



そう、





『クールチャイナ』





しょっちゅう食べてます。

何回も作り、改良を重ね、以下のようなスタイルに落ち着きました。

IMG_2506.JPG

ヤバいです。

作り方を簡単に載せておくので、是非『マイ・クールチャイナ』にチャレンジしてみてください。



@タレの作り方

割合を『4:3:2:2:2』と覚えると、中身は何となく想像できますからいつでも簡単に作れるようになります。

4は、醬油。3は、酢。2は、酒、胡麻油、砂糖です。

これらを鍋に入れ、ごく弱火で砂糖をゆっくり溶かします。溶け切ったら完成です、冷やして使いましょう。以前は強火で溶かした後に一度吹かせて作っていたのですが、前者の方が砂糖の馴染みが良いというかまろやかでタレに一体感があります。

このタレは中華ドレッシングとしても使えますし、胡麻油をサラダ油にしたらいわゆる和風ドレッシングにもなります。



A麺を茹でて水洗いし、具を盛りタレをかけて完成。

極めて簡単な説明であることをお許しください、これ以上なんと表現したら良いのかわからなかったのです。

写真の具は、トマト・キュウリ・オクラ・錦糸卵・肉・ネギ・海苔です。

正直具は何でも良いのですが、概ねこれで固まりました。オクラ、かなりイケてます。

ここでポイントですが、トマトをざく切りにしてタレと混ぜた合わせた後に全体にかけるのがメシオタ流です。以前はトマトをくし切りにして盛るというトラディショナルなスタイルだったのですが、それだとなんかトマトが蚊帳の外というか、全体と交り合わないというか、





グルーヴしない?





感じがして、試行錯誤の結果、写真のようなスタイルに行き着きました。

トマトのジュースがタレと混ざり、またトマトも全体とからみやすくなってもうグルーヴしっぱなしです。



ちなみにクールチャイナからヒントを得て『クールHKT』と『クールタイランド』も開発済です。

あ、クールJAPAN(冷やしそば)とかクールイタリア(冷製パスタ)とかそーゆーのはダメですからね。
posted by masaruportnoy at 14:37 | TrackBack(0) | 日記